品川区の皮膚科・形成外科・美容皮膚科|アンチエイジング

一般皮膚科・形成外科の保険診療

○湿疹、肌荒れ、アトピー性皮膚炎、かぶれ、皮膚のかゆみ、各種アレルギー
○にきび、治りづらい大人にきび、にきびあとの治療・予防
まずは現在できているにきびを治して、新しいにきびをできにくい肌質に変えて行きます。
毛穴のつまりを防ぐ特効薬も保険適応になりました。
また、普段のお手入れの方法をちょっと工夫していただくだけで、肌質が改善することもあります。
漢方薬を使った全身の体質改善が必要な場合もあります。
にきびに悩んでいる方は、いじったり潰したりせず、まずはご相談下さい。
○肝斑・シミ
肝斑は内服治療で治療できます。(外用を併用すると効果的です、詳細はまず診断してからご説明します)
肝斑はレーザー治療は禁忌です(かえって悪化します)。まずは肝斑かどうか診断が大切です。
シミにはさまざまな種類があります。中にはシミの上に薄いイボが重なっている場合(少し出っ張っているのに気づく方もいます)があり、 この状態で、シミ取りの外用を塗布しても意味がありません。
まずはイボを取ってから(保険治療・レーザー治療と選択肢はいろいろあります)、シミの治療をします。
○くびやデコルテなどにできているざらざらしたイボ
これは脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)といって、皮膚の老化現象の一種です。
保険治療、レーザー治療などで除去することができます。
○水虫・つめ水虫
その場で検査して、すぐ治療開始できます。つめ水虫は内服治療でほぼ完治させることができます。
水虫かな?と思ったら市販薬などは塗らず、まず診察にいらしてください。
○お子様(大人の方もできます)のアトピーかどうかの診断(血液検査でわかります)
アトピー体質ですと、肌はデリケートで保湿を続けて行なうことによって、痒みや湿疹がでにくくなります。ステロイドではないアトピー性皮膚炎の特効薬(外用)も処方できます。
また、食物アレルギーなどの検査をすることも重要です。
保育園入園などで必要なアレルギーの検査もできます。
○お子様(大人の方もできます)の花粉症の診断(血液検査で何の花粉か分かります)
自分がどの花粉にアレルギーを持っているかを知っておくと、治療の時期が分かり、快適な生活を送ることができます。
○とびひの治療
○いぼの治療
おできやほくろに見えることがあります。盛り上がっているかたいものが皮膚にある場合は、ご相談下さい。
うつることもあるので、自分でつめでひっかいたり、いじったりしないでください。
○じんましん
院長自身、慢性じんましん・喘息、さまざまなアレルギーを持っております。
じんましんやアレルギーの治療は続けることによって、ほぼ完治することも可能な患者さんも沢山いらっしゃいます。なかには、自分がじんましんだと気づいていない方もいます。
皮膚の痒みや湿疹を放置すると、治療の期間が長くなることもあります。
なんでも疑問におもったことはお気軽にご相談下さい。
○皮膚のおでき、ほくろ(悪性ではないかと心配している方も一人で悩まず、ご相談下さい)
手術で完全に切除し、糸で縫う方法を行ないます。
とった組織は病理検査を必ず行ないますので、どんなおできだったか、ほくろは良性なのか、きちんと分かります。
段々大きくなっているおできやほくろは、早めに手術することにより、なるべく傷跡を小さくできます。
手術は全て、形成外科専門医の院長が行ないますので、細い糸で綺麗に縫い合わせます。
傷跡も、その後のケアーもお任せ下さい。
○やけど、やけどあと、ケロイドの予防・治療
やけどは受傷後なるべく早く受診してください。初期治療が重要です。時間が経ってしまったものでも、もちろんご相談下さい。
(治療困難なケロイドは、大学病院で再発率の低い切除+電子線照射療法をご紹介しております)
○低温やけど
意外に深い低温やけど、、、とにかく早めの受診をお願いします。普通のやけどと同じで初期治療が大切です。。
なるべく外用で治療しますが、2ヶ月治らない場合は、手術になる場合もあります。
○切りきず、すりきず、きずあとの治療・その後のフォローアップ
切りきずは、すぐに縫うほうが、きずあとがきれいです。大人の方、お子様に限らず、すぐ受診してください。
深さによっては縫わないで、外科用のテープで傷口をふさぐこともできます。
○巻き爪
軽症の方は、つめきりのやり方を変えるだけで、治ってしまうこともあります。
重症の方は、根本的に治してしまう、手術を行ないます。まずはご相談下さい。

定期的にトップページのお知らせに掲示いたしますので、ご覧下さい。

受診の際は保険証を忘れずにご持参ください。